HOME>イチオシ情報>花だけでなく野菜などを自宅で育てるときのコツ

ガーデニングや農業を開始するには最適

植物園

春にはいろいろな植物を楽しむことができますが、代表的な存在としては桜が有名だと考えられます。桜はピンクの花を一定期間だけ咲かせるような特徴がありますから、花見などをする人も多い特徴があります。桜以外にもいろいろな植物が元気に活動を開始するのが春になりますから、ガーデニングや農業などの経験がない人でも栽培にチャレンジしやすい季節です。春に育てられる花や野菜はたくさんあり、花であればチューリップが有名だと考えられます。チューリップは小学校の花壇などで見たことがある人も多いと考えられますが、春に育てると元気に綺麗な花を咲かせてくれるので自宅でも挑戦しやすいです。菜の花も花を見る楽しみだけでなく、食べることもできますから挑戦してみる価値はあります。

野菜と花で育てる方法が若干違う

春になると花や野菜などの植物を簡単に育てることができますが、花と野菜では育て方にも違いがあります。花の場合は狭い空間やそこまで高品質な土でなくても育てることができますが、野菜の場合はしっかりと土を耕さないといけませんし、堆肥などを使用して土のバランスを整えないといけません。初期投資が多くなるのは野菜になりますが、野菜の場合は栽培の途中で食べることができますから、花とは違った楽しみがあります。

ハーブなども育てられる

ハーブはお茶に使用したり、料理に使用したりする人も多いですが、実際に自宅で育てることもできます。ハーブも春に育てると最適な植物になりますから、誰でも挑戦しやすい特徴がありますし、窓際などの空間を使用することができれば、室内でも育てることができる可能性が高いです。春に育てられるハーブの種類は多く、バジルやレモングラスなどの有名な植物を育てることができますから、いろいろと挑戦してみると楽しいかもしれません。

広告募集中