HOME>特集>ガーデニングや農業をするときに必要となる知識

植える場所の環境にあわせて選ぶ

春になると桜などの綺麗な花が咲くようになるので、植物を育てるには最適な季節になりますが、自宅で実際に育てる場合は植える場所の環境にあわせて植物を選んでいかないといけないです。庭がある自宅であればガーデニングもできますが、事前に日差しの状態をチェックしないといけません。植物によって日差しがいい場所じゃないと育たないものや、日陰でも育ちやすい種類もありますから、それぞれの環境にあわせて植物を選んでいくのが大切です。環境が悪いと水やりなどをしても、途中で枯れてしまうようなリスクがありますから、栽培をする環境を整えるのが何よりも重要になります。

日陰でも育つ花はある

植物は基本的に日差しを好むものが多いですが、日陰でも育つ花は実際に存在します。見た目が鈴のように可愛らしいすずらんは日陰でも育つ植物として有名であり、4月や5月に花を咲かせるので春に育てるには最適な植物です。

梅雨に似合う花も植えられる

春に植物を植えるとちょうど少し経つと梅雨を迎えますが、梅雨に似合う花を育てたい場合は紫陽花を選ぶといいかもしれません。紫陽花は昔から日本で親しまれている植物になりますから、庭に植えると素敵な雰囲気にすることが可能です。

花なら肥料はそこまで必要ではない

春に植物を育てるときに花を選んだ場合は、野菜を育てるときと異なり肥料をそこまで必要とはしないです。そのため肥料の管理などを難しく感じてしまう人でも、安心して育てることができますから、初心者でも成功しやすい特徴があります。

広告募集中